ikp決済

ikpイカピーミラーミクスチャ 店舗・美容室ikp送料無料


香ばしくておいしい食パンの耳。
家具をつくる過程で生まれる切れ端はまさに「パンのみみ」。
廃材利用がコンセプトだから「最後まで」使おうというミラー。

廃材から生まれる端材をゴミにしたくない。
同じ大きさのフレームを作るだけなら、大きな材料を使った方が楽なんです。
正直、3倍の手間が掛かるけど、それが唯一無二の存在感になる。

パッチワークすることで独特な古材感のフレーム。
鏡台製作の関本家具装芸が使う歪みの少ない国産ミラー。
古材の端材を利用した大きな鏡は店舗什器にもオススメです。

ikp材料について

長年建築現場で使われてきた杉板を再利用したスタンドミラー姿見です。

経年変化によって、新品の材料には無いユーズド感、レトロ感、シャビー感を持ち合わせます。

現場で使われていた材料のため、ペンキやサビあとキズがあります。あえてその状態を表現することにより、今までに無い古材家具へと生まれ変わります。


ikp加工について

材料は高圧洗浄機で洗った後、ワイヤブラシで木目の中の汚れを落とし、さらに表面をサンドペーパーで削ることで、ささくれなど手に引っ掛かる箇所はすべて手触りよく仕上げています。


ikp塗装について

防水、防汚性を高めるための塗装をし、表面仕上げはウレタン塗装となります。


ikpメンテナンスについて

水拭きなどを繰り返し、表面が枯れたような状態もこの家具の楽しみ方の一つですが、もし当初のしっとり感が欲しい場合は、オリーブオイル等を不要な布に少量染み込ませ、やさしく木部に塗りこんでください。塗りすぎた場合は、乾拭きで拭きとってください。


ikp使い方について

ikpでつかう足場板の断面を見せて、さらに積層(寄せ木)することで、さらに独特な風合いを見せる古材姿見ミラーです。荒々しい表情の中にある、懐かしくも温かみのある色合いが、普通の姿見とは別次元の雰囲気を醸し出してくれます。背の高い方でも全身を映すことができるミラーです。


ikp納期

約2〜3週間でお届け。


ikp配送

クロネコヤマト便。配達日指定可能(時間指定は不可)


ikpお支払い

カード1回払(VISA MASTER AMMEX DINNERS JCB)・ 銀行振込(ジャパンネット銀行・清水銀行)


ikpスペック
size: W800×D60×H1700(mm)
material: 古材(杉)、ガラス鏡(日本製)
製造: 日本製(静岡県)
no: ikpmirror-mix
型番 ikp mirror mixture
販売価格
54,000円(税4,000円)
購入数
■ikpきれい目タイプ(ペンキ少なめ) きれいめ古材ペンキ跡足場板 古材板ikp足場板
きれい目の材料を選びますが、ペンキの跡が若干入ります。(まれに無い物もあります。)
■ikp普通タイプ(ペンキあり) 古材ペンキ跡足場板 ペンキ跡足場板
白や緑、赤など現場で使われていたペンキの跡が入ります。
TVボードやテーブル脚のアイアンについて。 テーブル脚ブラックikpとotomikesのTVボードやテーブルに使うフレームです。
軽くするためにパイプを使いますが、使用に十分な強度があります。
表面は少しざらっとしたブラックのつや消し塗装です。
テーブルの脚の下にはアジャスターが付いています。

コートハンガー・シェルフ・リビングテーブルのフレームについて。 くろかわフレームクロカワと呼ばれる表面処理がしてあり、その上からサビを防止するためのクリア塗装をします。
鉄らしい表情ですが、少しサビがあります。これは大切にしている風合いで欠陥品ではありません。
クリア塗装をしてあるので使用上に問題はありません。

ikpチェアのレザーについて。 ikpチェア用レザーikpの椅子に使用するレザーです。
メンテナンスを考え、耐久性の良いビニールレザーを選択しています。
表面にすこしシワと色ムラがありそれが古材と相性が良く合います。
色はキャメル、グリーン、ブラウン、レッド、ホワイトの5色対応となります。

関本家具装芸が製作してます。 ikpチェア用レザーikpとotomikesは静岡の家具メーカー:関本家具装芸が国内で全てを製作する
「メイド・イン・ジャパン」の家具です。
家具製造70年以上の歴史と技術を用いて作り出す
唯一無二のアンティーク・シャビー感。これがikp(イカピー)の古材家具です。